地域

地域医療の課題

地域医療の問題点

日本の医療を充実させるためには地域医療を推進していくことが重要となります。
しかし、これを実現させるためにはさまざまな問題点を解決しなければいけません。
日本の医療が崩壊しているとよく言われますが、その実情について説明しましょう。

医療崩壊とは、患者が医療を必要とするのに受けることができない状況です。
地方では病院が閉院したり、診療科が休診することが増えていて、救急患者がたらい回しされる問題もあります。
医療費抑制により病院が危機的状況を迎えていて、医師が不足することにより医師が疲弊しています。

このような医療崩壊は全国各地で起きています。
医療崩壊の原因を取り除かないと、地域医療を活性化させることができず、その地域の医療の質が低下してしまうでしょう。

日本は医療が進んでいて、長寿命で健康的な人が多いと話題になることが多いです。
それなのに医療崩壊が進んでいると問題視されています。
その理由は、医師や病院が犠牲になった上で日本の医療がなんとか持ちこたえているからです。

現在でもすでに危機的な状況に陥っているのに、これから先どんどん高齢化が進行してしまえば、日本の医療は完全に崩壊してしまうでしょう。
早めに対処しておかなければいけません。

日本の地域医療の課題

日本の地域医療の現状を改善するためには課題があります。a0960_003709
医師不足を解消して、病院の経営を改善することで、医師と病院への負担を減らすことが先決となります。

医師不足が起きている原因は単純なものではありません。
絶対的な数が不足しているだけではなく、医療現場の労働環境が悪化しているために特に地方の病院で働きたがらない医師が増えているのです。
根本的な原因を取り除いていかないと、単に医師の数を増やしただけでは効果がありません。

これからは相対的な医師不足を改善していかなければいけないでしょう。
たとえば、現在は専門医が増加した結果、都市部の病院に医師が集中するようになっています。
また、そもそも都市部に住みたいと考えている医師が多いため、医師の地域偏在がどんどん進んでいきます。

また、医師の診療科偏在も問題となっています。
整形外科や麻酔科、呼吸器科といった医師は増加しているのですが、逆に産婦人科や一般外科、一般内科などは減少しています。
これでは医師全体の数が増えたとしても、特定の診療科の医師不足は解消されないでしょう。

以上のように、地域医療のこれからの課題としては、医師不足と病院の経営状態の悪化に対処する必要があります。
地域偏在に対処するためには、地域枠や地域推薦枠入試を実施したり、地域全体で医師を要請するための取り組みがあります。
また、県内の病院や附属病院で初期研修を実施することで、その地域の病院で働きたいと思わせることが大切でしょう。

また、それぞれの地域で地域医療を守るための独自の取り組みが行われているケースは多いです。
たとえば、軽症ですぐに診療を受けようとするコンビニ受診を控えるように啓蒙活動をしているところがあります。
これにより、子供の軽い症状で病院を訪れたり、お年寄りが本来は不要であるはずなのに病院で診療を受けようとするのを防げます。

地域医療の講座を開催して、市民に地域医療の現状と課題、取り組みなどについて知ってもらう活動はよく行われています。
情報誌を発行して、市民が地域医療のためにできることについて提言する取り組みもあります。
このように、地域医療のためには、市民と医者、病院などがそれぞれ真面目に考えて、自分たちでできることをやるのが大切なのです。

選択

職場の選び方

研修医は職場選びが大切

これから研修医になる方はどの病院で研修を受けるのかを選ばなければいけません
研修医とは社会人として働く立場になっているため、病院は職場となります。
職場の環境に注意して選ばないと、よい研修を受けることができなくて、過酷な労働環境の中で働かされることになるでしょう。

病院選びで失敗してしまう原因として、多くの人は口コミを頼りにしているということです。
病院という組織はブラックボックスな部分が多いため、なかなか正確な情報を集めることが難しいです。
そんな時に先輩や友達からの噂や先入観などによって、簡単に病院を決めてしまう人がいます。

安易に病院を選んでしまって失敗した人はたくさんいるため、きちんと自分で考えることが大切です。
たとえば、大きな病院だからといって、必ずしも良い研修を受けられるわけではありません。

その理由は、大病院というのは派遣医師で成り立っていて、センター長であってもそれぞれの診療科についてきちんと把握していないからです。
派遣元の大学が違うことによって、医局の壁が生じるため、それが研修にも影響を与えてしまいます。

たとえば、研修医が具体的な要望をセンター長に伝えたとしても、それが必ずしも通るとは限りません。
センター長がたとえば小児科の医師だったとしましょう。
自分と同じ科か仲の良い医師には気軽に頼むことができたとしても、まったく関係のない診療科の責任者、たとえば消化器科の部長に対して研修医からの要望を伝えることは難しいです。
大病院ではこのように相互連携が上手く取れていないということを考慮しておくべきでしょう。

噂やイメージに左右されない

それでは、大病院と比較して小規模病院にはどのような特徴があるのでしょうか。
小規模病院の場合は、院内にいる医師の数がそもそも少なくて、多くても30人程度となります。
このぐらいの人数であれば、医師同士が気軽にコミュニケーションを取ることができて、自分の診療科以外の事情についても詳しくなるでしょう。

研修医がなにか困ったことがあれば、一緒になって事態を改善するために行動してくれることも多いです。
病院全体で研修医の面倒を見ようという意識が高いところが多いため、研修先としてはとても恵まれた環境となります。

上記はあくまでもこのような傾向があるという話であり、必ずしも大病院よりも小規模病院の方が優れているというわけではありません。
大切なことは大きな病院だから安心だろうというような先入観やイメージを捨てることです。
そして、できるだけ信頼性の高い情報を集めて、総合的に職場選びを行うことが大切です。

研修医期間の過ごし方

研修医期間は非常に重要

医師になるためには医学部に合格して、学校で講義や実験、実習などを受けます。
しかし、これだけではなくて、最後に研修医としてトレーニングを積む必要があります。
研修医というのは新社会人として労働をして、なおかつ医師になるためのトレーニングに取り組む人のことです。

研修医期間中にはさまざまな診療や研修を受けることになります。
医師としての基本的な考え方を身に着けて、自分の力で医療行為を行えるような人材を育成するのが目的です。
患者のことをきちんと診療して、適切な治療を施せるようになるためのさまざまな経験をします。

研修は病院で行われるのですが、そこでは上司がいて、一人の社会人として行動することが求められます。
もう学生として扱われることはなく、将来医師になる一人の人間として責任のある行動をしなければいけません。

研修医では初めて医療現場の中に入って、実際に医師として仕事をすることになります。
そこでは、医師として患者や看護師に接する場面もたくさんあるでしょう。
まだまだ未熟な医師としての立場と、医師免許を持つ立派な医師としての二つの異なる立場で見られます。

研修医期間は過酷

研修医の期間はとても過酷な日々が続くため、覚悟を決めておかなければいけません。
労働時間が長くて苦しんでいる方はたくさんいて、さらに時間外労働を求められることも頻繁にあります。
それによって、家族との時間や、自分のための時間を奪われてしまい精神的なストレスを受けている人も多いです。

研修医の中には途中で挫折してしまう人もいるため、誰もが簡単に過ごせる期間ではありません。
自分が想像していた医療現場とのギャップを感じたり、自信を喪失することもあるでしょう。
また、対人関係でも色々なトラブルが生じることがあり、患者や上司との接し方で悩んでしまうこともあります。
このような過酷な環境の中で、一人前の医師になるために医療技術を習得することが必要です。

研修医期間を過ごす場合は、健康やストレスに気を付けることが大切です。
自分の体を壊してしまったのでは意味がありません。
研究によると、メンタルヘルスに異常をかかえている人は投薬ミスをする可能性が高いことが分かっています。

自身のメンタルヘルスを良好に保つことを意識して行動しましょう。
友達や先輩医師に相談をして、悩みを解決することも大切です。
取り返しのつかないことにならないように、自分の健康に気を遣いながら研修医期間を過ごしましょう。

座る

椅子に座って患者を待つ仕事ではない

医師は積極的に行動するべき

医者というのは病院内で椅子に座って患者を待つ仕事であると考えている人が多いです。
実際にそのような態度で働いている医師はたくさんいます。
また、これから医学部に入って医師になろうとしている方にもこのようなイメージをもっている人はたくさんいます。

しかし、医師の本来の目的というのは病気や怪我をしてしまった人を助けることです。
病院に外来としてやってきた患者のことだけを考えていればいいのではありません。
自分が必要とされる時や場面に備えて、常に準備をしておくことが大切です。

たとえば、かつてJR福知山線の列車脱線事故がありました。
>>http://www.mlit.go.jp/fukuchiyama/
この時に済生会滋賀病院では事故情報を受けて、いち早く医師たちが準備待機していました。
そして、出動命令がなかなか出なかったために、自分たちの判断で救助隊を出動させました。

この済生会滋賀病院の判断により、多くの命が救われました。
がれきの下の医療を行うことにより、生存者をすべて救助することに成功したのです。
済生会滋賀病院は事故現場とはかなり離れた位置にあるのですが、そのような位置にいながら人命を救うために行動に出ました。

自主的に行動する

JR福知山線列車脱線事故が起きた時には、近隣市民の皆さんも活動しました。E146_ryoutedegu500
企業や団体、住民、通行人などが協力し合って、救助活動に取り組んだのです。
大量の飲料水を持って駆け付けてくれた人や、車内の座席シートを利用して臨時の担架として利用した人もいました。

救急車が到着するまでの間に負傷者たちを励ましてくれた人もたくさんいたそうです。
スピンドル社という企業は工場内の敷地を通り道として開放しました。
大企業ではなく、救助活動を行えば企業が立ち行かなくなる可能性もありますが、救助に懸命になったのです。

上記のような行動を病院の医師たちが取ることができたのかをよく考えるべきでしょう。
このような事故の際には専門知識を有している医師たちの力は必要不可欠となります。
たとえば、旅客機内で急病人が出た際にアナウンスで医師が搭乗しているかどうかを探すことがあります。
この時に自分から名乗り出る医師もいれば、信じられないことに無視をする医師もいるのです。

これから医師になろうとする方は、病院内で患者を待つだけが仕事であると考えてはいけません。
時間や場所にとらわれず、医師を必要としている人のところにすぐに駆けつけることが大切です。
それが医師の役目であり、医師として絶対にやらなければいけないことです。

プライベートな時間であっても医師としての責任を持って行動することが大切です。
医師を必要としている人がいるならば、その人達のために医療を提供してあげましょう。
そのような気持ちを日本の医師が持つことによって、日本の医療はより良くなります。