職場体験・実習の受け入れ

職場体験を受け入れる

地域の医療を活性化させるためには、若者たちがその地域の医療機関に就職することが大切です。
そもそも、医療に携わる人の数が十分でないと医療機関は機能しないからです。
特に地方では医師不足や看護師不足が話題となることが多く、できるだけ多くの若者に医療職をアピールしていかなければいけないでしょう。

そのための試みとして、職場体験を行っている医療機関があります。
地域の中学生や高校生に対して、職場を見学してもらうことによって、興味を持ってもらうのです。
職場体験ではさまざまな体験をすることができて、それによって医療に関わる仕事に関心を持つ若者が増えます。

たとえば、手術室を見学したり、実際にどのような仕事をしているのか教えてもらいます。
看護体験として、患者と関わっている様子を見学したり、産婦人科で赤ちゃんを抱かせてもらうこともあります。
これらの体験を通して、生徒たちは将来の進路を考えるための一つのきっかけを作ることができるのです。

職場体験を成功させるためにはその地域の医療機関が積極的に協力することが大切です。
職場体験を断ってしまうと、地域との交流を拒否していることになるため、地域医療は上手くいかなくなるでしょう。

病院の職場体験の報告としてこちらを紹介します。
>> http://www.tokiwa.or.jp/columns/sukoyaka/066.html

実習を受け入れる

また、実際に医学部や看護学部などに進学した学生からの実習を受け入れることも大切です。
実習では、実際の医療現場の中で患者たちと触れ合いながら、実践的な学習をできます。
学校内で教科書を用いて勉強しているだけではけっして学ぶことのできないことを経験できるのです。

実習では、医師や看護師に張り付いて、施設内を見学したり、実際の医療現場を垣間見ることができます。
また、疑問点や質問があれば、医師から説明を受ける機会もあるでしょう。
実習を通して、自分たちがこれから医療に携わる人間になるのだということを自覚します。

実習によって、地域医療が現在どのような状況になっているのかも実感できるでしょう。
その地域の医療に貢献したいという気持ちを高めることにもつながります。
つまり、実習をすることで、その地域に残って仕事をしたいと思わせることもできるのです。

実習の受け入れを積極的に行うことは将来的に地域医療を活性化させることになります。
したがって、その地域の医療機関はどんどん実習を受け入れるべきなのです。
実習をするのは医療機関にとっては大きな負担となりますが、それが未来の地域医療のためになります。

積極的な市民セミナーの開催

市民セミナーの開催

地域で医療を支えていくためには、その地域内にいる患者や医療関係者が最新の医療知識について理解しておくことが大切です。
医学は日々進歩しているため、効果的な治療を受けるためには新しい知見を得ることは必要不可欠となるでしょう。
そのような知識を得るための良い機会として、市民セミナーがあります。

地域内でそれぞれの医療機関が積極的に市民セミナーを開催することは、地域医療連携を進めていく上で重要な役割を果たします。
地域内にいる人達が医療について真剣に考えて、正しい医療知識を持っていれば、健康を促進することができるからです。
医療について身近なところで学習したり、考える機会を持つことによって、積極的に地域内の医療機関を受診しようと思うでしょう。

さまざまな情報を提供する

病気や怪我などは事前に予防することが最も大切です。
一度何らかの症状が出てしまった後では、なかなか以前の状態まで回復することができないからです。
常に予防医学を念頭に置いた生活を心がけることによって、いつまでも健康な自分でいることができます。

その地域内に健康的な人の数が増えることで、医療機関の負担を減らすことにもなります。
現在は特に地方では医師の数が不足していることが問題となっていているため、健康的で医療機関のお世話にならなくてもいい人の数が増えるのは望ましいことなのです。

市民セミナーでは、毎日どのようなことに気をつけていれば病気や怪我を防ぐことができるのかといった情報を伝えます。
これにより、健康的な人生を送るための生活を送るようになれば、それはとても良いことです。

また、市民セミナーは一般の方の誤解を正す役割も果たします。
たとえば、認知症や感染症などについて、間違えた知識が広まっているケースもあります。
誤った処置を施してしまうことによって、余計に症状が悪化してしまう場合もあるでしょう。

市民が正しい医療知識を持つことは、万が一の危険を防ぐことになり、医療機関にとってもメリットがあるのです。
医療について真剣に考えてもらう良い機会となるのが市民セミナーの意義です。

市民セミナーを成功させるためには地域内の医療機関が積極的に宣伝することが大切でしょう。
また、地域住民の方でも休日に気軽に市民セミナーに参加して、さまざまな情報を得る習慣を作ることは大切です。
市民セミナーは申し込みが不要であり、参加費も無料のケースが多いため、気軽に参加することができます。

市民セミナーの具体例としてはたとえば横浜市立大学市民医療講座があります。
>>http://www.yokohama-cu.ac.jp/med/kouza/
こちらに詳しい説明が掲載されています。
セミナーに興味を持っているという方は、チェックしてみましょう。

連携

地域医療連携の必要性

地域医療連携の必要性

それぞれの地域にはさまざまな医療機関が存在しています。
それらの医療機関同士が独自に医療を行うのではなくて、連携して地域医療に貢献していくことが求められています。
たとえば、その地域にある一般の病院や診療所などを患者が受信して、そこから詳しい検査や治療が必要な場合は地域にある専門診療科を紹介します。

診療して受信した医療機関での治療を終えた後は、かかりつけ医の方に逆紹介をします。
このようにして、地域内の医療機関が相互に連携しあうことが大切なのです。
これによって、さまざまなメリットが生じます。

地域医療連携のメリット

まず、それぞれの医療機関が連携することで、医療機能に応じてそれぞれの役割を分担できます。
いきなり専門診療科に行くのではなくて、まずは一般外来を受信して、そこで適切な専門医療機関を紹介してもらうのです。
これによって、それぞれの医療機関が機能して、適切な医療を施せるようになります。

また、紹介制を導入することで継続性のある医療を受けられます。
紹介制では地域内にある医療機関を紹介するため、それぞれの医療機関への連携がスムーズとなります。

基本的にはかかりつけ医を受診することになり、そこから必要に応じて別の医療機関を紹介してもらいます。
患者にとっては、地域内にどのような医療機関があるのか把握していないことが多いため、紹介制はとても役に立つでしょう。

その地域内にある医療機関を利用するだけで治療を完結できることが望ましいです。
上記の地域医療連携を成功させるためには、それぞれの医療機関同士が協力しあわないといけません。
地域医療連携を上手く機能させるために、日本の各地域でさまざまな試みがなされています。
そのおかげで、その地域にいる患者は適切な治療を受けて、健康的な生活が保証されるのです。

紹介制ではお互いが患者に関する情報を提供することにより、共同診療することが可能です。
一つの医療機関を利用するよりも、より効果的な治療を受けられるでしょう。
たとえば、かかりつけ医の病院に検査機器が無い時に、別の医療機関を紹介して検査のみを受けさせてもらうということもあります。

地域医療連携は医療機関だけではなくて、患者側の協力も必要不可欠です。
他の医療機関に紹介されることを受け入れなければいけないからです。
一つの医療機関だけで治療を受けるのではなくて、必要があれば別の医療機関を利用するという柔軟性を持つことが大切です。