関節

リウマチ

関節や筋肉の痛み

有名な病気として最後に紹介するのは「リウマチ」についてです。
表記についてはいくつかの種類があり「リューマチ」や「リュウマチ」と書かれることもあります。
いずれも英語であるRheumatismから取られているものであり、意味としては変わりません。
リウマチという病気は、実はかなり幅が広い病気です。

というのもこれは、関節や筋肉、骨などに発生する痛みやこわばりについての総称であるためです。
特定の病気一つを指してリウマチと言っているわけではなく、その中の症状の一つがリウマチと呼ばれることになります。
リウマチ性疾患を持つ病気について研究する「リウマチ学会」も存在しているほどで、総合的な症状の一つだと考えて頂ければ良いでしょう。

それでは、リウマチ性疾患を代表する疾患としてどのようなものがあるのかについて紹介します。
リウマチには「古典的五大疾病」というものがあるため、この5つについて中心的に紹介します。

まず1つ目であるのが「関節リウマチ」です。
これは免疫機能が手足の関節に対して働いてしまうことによって関節痛を引き起こし、関節の変形を引き起こすというものです。
重症化すると血管や心臓などに対しても障害を及ぼす病気であり、甘く見ることができない病気としても知られています。

関節リウマチについては原因の一つに喫煙があるということが考えられています。
さらに、糖が含まれている炭酸飲料を多飲している人は55歳を超えた際に高いリスクを発生させるという研究結果もあり、遺伝的要員や感染などによって免疫系の働きが暴走することが影響していると考えられます。
関節リウマチについては男性よりも女性の方が発症リスクが高く、比率は3倍から4倍近くに上ります。
初期症状は手に現れる事が多く、起きてからしばらくの間手を握ることが難しい、というような症状が見られる事が多くあります。

その他の疾病

2つ目の代表的疾病として「全身性エリテマトーデス」という病気があります。
英語の病名の頭文字を取ってSLEと呼ばれることもあります。
この病気は全身の臓器に対して原因不明の炎症が起こるというものです。
これも自己免疫性の疾患とされています。

この病気の特徴として「エリテマ」呼ばれる紅斑が発生することが挙げられます。
若い人にも多く発症しますが、男性よりも女性の方がリスクが高い病気となっています。

リスク比率は男性1に対して女性10と極めて高いために、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きによって発生しているものと考えられています。
さらに、人種によるリスクの違いもあり、有色人種に比べて白人に発症しやすい病気です。
その他の3つの古典的五大疾病は「皮膚筋炎」「全身性強皮症」「シェーグレン症候群」となっています。