脳梗塞

血栓が原因で脳が壊死してしまう

日本人の死因の中でも、かなり高順位に位置しているのが「脳梗塞」という病気です。
まずは、この脳梗塞というのがどのような病気であるのかについて紹介します。

脳梗塞というのは、名前の通り脳内の血管に「梗塞」が発生してしまうというものです。
血管に血栓が詰まり、その先に血流が流れなくなってしまうことによって、その先の脳組織が壊死してしまいます。
その梗塞が何処で発生するのかによって、どの程度の症状が発生するのかにも違いがあります。

実は大きな症状にこそなっていないものの、小さな脳梗塞が発生している人というのは少なからず存在しています。
脳に深刻なダメージを与えるものでなければ放置されてしまうことが多いもののこういった症状が放置されたことによって、重度の脳梗塞へと繋がる危険性があります。

脳梗塞が発生すると、死に至る可能性があることはもちろんのこと、生命が助かったとしても大きな障害が残ってしまうなど、いずれにせよ重度の症状が発生することになります。
それでは、この脳梗塞というのは何故発生してしまうものなのでしょうか。

脳梗塞の原因と対策

脳梗塞の原因は、大きく2つに分けることができます。
1つは「遺伝要素」です。
残念ながら脳梗塞は遺伝しやすく、家系に脳梗塞をしたことがある人がいるのであれば、危険性がある程度高まっている事が考えられます。
その為、もう1つの要素の方を満たしていないという人でも、脳梗塞の可能性は十分あることになります。

もう1つは「生活習慣」です。
脳梗塞の可能性を大きく高める症状として「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」などがあります。
これらの原因が生活習慣であるため、脳梗塞の原因も生活習慣に大きく依存することになります。

それでは、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣に起因する症状を防ぐためには、どのようなことを注意するべきなのでしょうか。
まず高血圧については「塩分を控える」ことが特に重要です。
塩分、つまり塩化ナトリウムに含まれている「ナトリウム」は、血中に取り込まれた時に血圧を上昇させる働きを持っています。
逆にカリウムは血圧を低下させる働きを持っており、この2つがバランスを取る形となっているため、塩分を減らすか、カリウムを摂取するようにするのがポイントとなります。

また「コレステロールを抑える」のも重要なポイントです。
血中コレステロール値が高まると、これが血中で血栓を作ってしまう可能性が高くなり、動脈硬化や高血圧の原因となります。

そして、「運動」をすることも重要なポイントの1つとなります。
適度な運動をすることによって血液の循環を改善することで、これらの症状を改善できる可能性があります。

急性アルコール中毒

会社や学校の宴会では注意が必要

毎年、新年度を迎えると新入生歓迎会や新入社員歓迎会で、お酒を飲み過ぎて倒れた人が出た、というニュースが目に入ります。
場合によっては死亡者が出ることもある原因となるのが、「急性アルコール中毒」です。
よく言われる「アルコール中毒」と「急性アルコール中毒」にはどのような違いがあるのでしょうか。

前者のアルコール中毒は、いわば慢性的な症状です。
アルコールを継続的に、過剰に摂取し続けたことによって依存性が発生してしまい、アルコールを摂取している状態でなければ体調が悪化するなどの「離脱症状(禁断症状)」が発生します。
重度になってくるとお酒を飲んでいないと手が震えたり、お酒が抜けた時に急に自殺を図ってしまったり、というような深刻な症状になることもあります。

急性アルコール中毒というのは、こういった慢性的なアルコール中毒とは性質が違っています。
こちらは、短期間に、許容量を超える大量のアルコールを摂取することで体内の血中アルコール濃度が異常に上昇し、様々な症状を引き起こすものです。
例えば、お酒を飲むことによって気分が良くなったり、歩きにくくなったりする、というのも広義の急性アルコール中毒ということになります。

ただ、多くの場合急性アルコール中毒と言われるのは、さらに重度の症状が発生した場合でしょう。
例えば激しい嘔吐をしてしまったり、立っていられなくなったり、というような症状がその1つです。
さらにそれ以上になると「意識障害」が発生し、生命維持に必要な呼吸の能力などが低下することがあります。
こうなると完全に意識がなくなってしまい、強く力を加えても分からなくなったりします。

この状態になると、生命の危険があります。
即座に病院に搬送し治療を受けなければ、取り返しの付かないことになるでしょう。

急性アルコール中毒の予防

それでは、急性アルコール中毒を予防するためには、どういったことが必要なのでしょうか。
まず重要なのは、自分のアルコール処理能力について把握しておくということです。
摂取されたアルコールは肝臓で分解処理されて無毒化されることになりますが、この処理能力は人によって違っており、大量に飲んでも問題がないような人もいれば、一滴でも深刻な症状が発生する人もいます。
まずは自分がどの程度飲めるのかを把握し、そのことを周囲にも伝えるようにしましょう。

周囲もそれを理解し、決してアルコールを強要するようなことをしないことが重要です。
今ではアルコールハラスメントという言葉も広く知られるようになり、少なくなっているかとは思いますが、場合によっては「人殺し」になる可能性があることを理解しておきましょう。

アルツハイマー病

加齢による物忘れとアルツハイマー

アルツハイマー病という病気の名前は、今となっては多くの人に知られているのではないでしょうか。
かつては「痴呆症」と呼ばれる事が多かったこの病気は、今ではその実態に合わせて「認知症」という名前へと変化しつつあります。
実際にはアルツハイマーだけが認知症というわけではありませんが、多くの人が認識しているアルツハイマーというのは、「物忘れが激しくなる」というものかと思いますが、実際のアルツハイマーの症状がどのようなものなのか、そして何故そのような症状が発生するのかについて紹介します。

物忘れが激しくなる、という程度であれば、ある程度年齢を重ねてくれば多くの人がそうなります。
しかし、アルツハイマー病というのはそういった、一般的な加齢性の物忘れとは大きな違いがあります。
アルツハイマーは記憶力が低下するだけではなく、同時に自分や周囲に対する認知能力や、思考力も阻害されることになります。
重度な症状に陥ってしまうと、日常的な生活に関することも分からなくなってしまい、一人では生活することができなくなってしまうこともあります。

このアルツハイマーという病気は、「脳にタンパク質が異常沈着する」事によって発生します。
このタンパク質が脳内の情報伝達を阻害するようになってしまい、上記のような症状が発生することになります。
アルツハイマーは一度発症すると完治することはなく、ゆっくりと進行していきます。

病気の原因と対策

それでは、このアルツハイマー病というのは、何が原因で発生する病気なのでしょうか。
実は現在の所、アルツハイマー病の確固たる原因というものは分かっていません。
現在の研究で分かっているのは、実際に認知障害が発生してしまうような状態になる10年以上前にはすでに脳内で問題が発生しており、それが進行することによって病気として発症するらしい、ということです。
従って、対策についてもこれをしていれば確実に予防をすることができる、というものが存在しているわけではありません。

アルツハイマーの危険因子となっているものとしては、年齢や遺伝が考えられます。
しかし、これらの情報というのは、もし危険であることが分かっても自分で変えることができるものではなく、病状の予防に繋がるものではありません。
現在の研究では予防に結びつける事ができるような危険因子がないかが調べられている段階で、今のところ「食事」「運動」「社会との関わり」などが影響を与えていることがわかりつつあります。
これらのことに気をつけつつ、生活をしていくことが重要です。

対策をしていてもなってしまう可能性が十分あるため、その時のために事前に用意をしておくことも重要になります。

関節

リウマチ

関節や筋肉の痛み

有名な病気として最後に紹介するのは「リウマチ」についてです。
表記についてはいくつかの種類があり「リューマチ」や「リュウマチ」と書かれることもあります。
いずれも英語であるRheumatismから取られているものであり、意味としては変わりません。
リウマチという病気は、実はかなり幅が広い病気です。

というのもこれは、関節や筋肉、骨などに発生する痛みやこわばりについての総称であるためです。
特定の病気一つを指してリウマチと言っているわけではなく、その中の症状の一つがリウマチと呼ばれることになります。
リウマチ性疾患を持つ病気について研究する「リウマチ学会」も存在しているほどで、総合的な症状の一つだと考えて頂ければ良いでしょう。

それでは、リウマチ性疾患を代表する疾患としてどのようなものがあるのかについて紹介します。
リウマチには「古典的五大疾病」というものがあるため、この5つについて中心的に紹介します。

まず1つ目であるのが「関節リウマチ」です。
これは免疫機能が手足の関節に対して働いてしまうことによって関節痛を引き起こし、関節の変形を引き起こすというものです。
重症化すると血管や心臓などに対しても障害を及ぼす病気であり、甘く見ることができない病気としても知られています。

関節リウマチについては原因の一つに喫煙があるということが考えられています。
さらに、糖が含まれている炭酸飲料を多飲している人は55歳を超えた際に高いリスクを発生させるという研究結果もあり、遺伝的要員や感染などによって免疫系の働きが暴走することが影響していると考えられます。
関節リウマチについては男性よりも女性の方が発症リスクが高く、比率は3倍から4倍近くに上ります。
初期症状は手に現れる事が多く、起きてからしばらくの間手を握ることが難しい、というような症状が見られる事が多くあります。

その他の疾病

2つ目の代表的疾病として「全身性エリテマトーデス」という病気があります。
英語の病名の頭文字を取ってSLEと呼ばれることもあります。
この病気は全身の臓器に対して原因不明の炎症が起こるというものです。
これも自己免疫性の疾患とされています。

この病気の特徴として「エリテマ」呼ばれる紅斑が発生することが挙げられます。
若い人にも多く発症しますが、男性よりも女性の方がリスクが高い病気となっています。

リスク比率は男性1に対して女性10と極めて高いために、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きによって発生しているものと考えられています。
さらに、人種によるリスクの違いもあり、有色人種に比べて白人に発症しやすい病気です。
その他の3つの古典的五大疾病は「皮膚筋炎」「全身性強皮症」「シェーグレン症候群」となっています。