患者との関係

患者との良好な関係を保つには

患者と医者との関係を考える

これから医師になるに当たって、患者と医者との関係性を考えることは大切です。
確かに患者よりも医者の方が専門的な知識を有しているため、どうしても医者が優位な立場になりやすいです。
しかし、患者と医者とがお互いに協力をすることで初めて医療は成立するものです。

医者が心無い言葉を患者に浴びせかけることはあってはならないことです。
また、患者はどうせ専門的なことを言っても理解できないだろうと、説明を怠ってはいけません。
医者としてきちんと必要な情報を患者に提供することは大切です。

最近は、逆に患者の方が医師に対して暴言や暴力を振るうことが問題となることもあります。
救急車をタクシーのように利用している患者もいます。
このように患者の側も医師に対する接し方に気を付けなければいけないでしょう。

医者と患者の隔たりをなくす

医者と患者との関係性に問題のあるケースが増えていますが、これに対してどのように対処すればよいのでしょうか。
それはできるだけお互いの認識の相違をなくすことです。
きちんと患者とコミュニケーションを取って、誤った相互理解をなくしていくことが重要となるでしょう。

インフォームドコンセントという言葉を聞く機会が増えています。
これは必要な情報を知る権利が患者側にあるということです。
医師はきちんと患者に対して手術の内容やその効果、デメリットなどを含めて説明する義務があります。

さまざまな医療の問題がマスコミで話題となることがあります。
それらは換言すれば医師のコミュニケーションのまずさに起因するのです。
医師側がきちんと必要なことを伝えていれば、避けることができたトラブルはたくさんあります。

きちんと説明しないことによって、後で患者から文句を言われて、訴訟問題に発展するケースもあるのです。
これには患者側にも責任のあるケースがあります。
しかし、患者がきちんと理解しているのかを把握することも医師の仕事の一つです。

医師と患者の双方が賢くならなければいけない時代となっています。
そのためには、医師が賢い患者を作るために行動することも必要となるでしょう。
そのためには、患者ときちんと向き合って、相手の理解を深めるための努力が大切です。

患者との良好な関係を保つためには、コミュニケーションして、意思の疎通を図りましょう。
また、医師の方から患者が正しい医学的知識を持つように育てていく姿勢も大切です。
医師はただ診療をして、手術をしたり、薬を処方するだけではいけません。

研修中のストレスについて

研修医はストレスとの戦い

医師になるためには研修期間を経る必要があります。
しかし、この研修期間中に挫折してしまう人や、最悪の場合は自殺してしまう方がいます。
その大きな理由は、ストレスが常にかかってしまう環境の中で仕事をしなければいけないからです。

研修医がストレスとの戦いであることは関係者以外にはあまり知られていません。
また、国や病院側からの対策もきちんと進められていない現状があります。
これから研修医になる方は、ストレスへの対処を考えておく必要があるでしょう。

研修医がストレスを感じる要因

研修中にストレスを抱えてしまうのにはいくつかの要因があります。
まず一つ目は生活ギャップがあることです。
医学生として生活していた時代と、医療現場の中で研修を受ける期間とでは大きな環境の変化が生じてしまいます。

研修期間中は長時間の労働を強いられてしまい、それと並行して研修を受けなければいけません。
これによって、プライベートな時間が減少してしまい、家族とも上手くコミュニケーションを取れなくなってしまうでしょう。
睡眠不足や疲労、生理的なトラブルなどによって、心身にストレスが蓄積されていきます。

時間外労働をやらなければいけなかったり、勤務時間外に呼び出しをくらってしまうこともあります。
仕事とプライベートの時間の境界があいまいになってしまい、24時間心が休まる瞬間がないのです。

また、研修医というのは社会人としてのギャップが生じやすい期間でもあります。
指導医や患者、看護師と関わらなければいけなくて、これらの間で板挟みになってしまいます。
人間関係が複雑になり、柔軟な対応を迫られるため、常にストレスを抱えて生きていくことになるのです。

他にも、自分はまだまだ未熟だと感じているのに、医師としての責任と行動を求められることがストレスとなります。
医療行為をすることによって、患者に悪い影響を与えてしまわないかとても心配になります。
一人前としての自信がないにも関わらず、医療行為をしなければいけないことがストレスとなります。

以上のような要因に加えて、十分なサポートを受けられなかったり、相談相手がいないことが、ストレスに拍車をかけてしまいます。
指導医とのコミュニケーションを上手く取れなくて悩んでいる人も多いでしょう。

これらのストレスを軽減するためには、できるだけ研修医に対するサポートが充実している職場を選ぶことが大切です。
そして、自分のストレスについてきちんと意識することが重要でしょう。

選択

職場の選び方

研修医は職場選びが大切

これから研修医になる方はどの病院で研修を受けるのかを選ばなければいけません
研修医とは社会人として働く立場になっているため、病院は職場となります。
職場の環境に注意して選ばないと、よい研修を受けることができなくて、過酷な労働環境の中で働かされることになるでしょう。

病院選びで失敗してしまう原因として、多くの人は口コミを頼りにしているということです。
病院という組織はブラックボックスな部分が多いため、なかなか正確な情報を集めることが難しいです。
そんな時に先輩や友達からの噂や先入観などによって、簡単に病院を決めてしまう人がいます。

安易に病院を選んでしまって失敗した人はたくさんいるため、きちんと自分で考えることが大切です。
たとえば、大きな病院だからといって、必ずしも良い研修を受けられるわけではありません。

その理由は、大病院というのは派遣医師で成り立っていて、センター長であってもそれぞれの診療科についてきちんと把握していないからです。
派遣元の大学が違うことによって、医局の壁が生じるため、それが研修にも影響を与えてしまいます。

たとえば、研修医が具体的な要望をセンター長に伝えたとしても、それが必ずしも通るとは限りません。
センター長がたとえば小児科の医師だったとしましょう。
自分と同じ科か仲の良い医師には気軽に頼むことができたとしても、まったく関係のない診療科の責任者、たとえば消化器科の部長に対して研修医からの要望を伝えることは難しいです。
大病院ではこのように相互連携が上手く取れていないということを考慮しておくべきでしょう。

噂やイメージに左右されない

それでは、大病院と比較して小規模病院にはどのような特徴があるのでしょうか。
小規模病院の場合は、院内にいる医師の数がそもそも少なくて、多くても30人程度となります。
このぐらいの人数であれば、医師同士が気軽にコミュニケーションを取ることができて、自分の診療科以外の事情についても詳しくなるでしょう。

研修医がなにか困ったことがあれば、一緒になって事態を改善するために行動してくれることも多いです。
病院全体で研修医の面倒を見ようという意識が高いところが多いため、研修先としてはとても恵まれた環境となります。

上記はあくまでもこのような傾向があるという話であり、必ずしも大病院よりも小規模病院の方が優れているというわけではありません。
大切なことは大きな病院だから安心だろうというような先入観やイメージを捨てることです。
そして、できるだけ信頼性の高い情報を集めて、総合的に職場選びを行うことが大切です。

研修医期間の過ごし方

研修医期間は非常に重要

医師になるためには医学部に合格して、学校で講義や実験、実習などを受けます。
しかし、これだけではなくて、最後に研修医としてトレーニングを積む必要があります。
研修医というのは新社会人として労働をして、なおかつ医師になるためのトレーニングに取り組む人のことです。

研修医期間中にはさまざまな診療や研修を受けることになります。
医師としての基本的な考え方を身に着けて、自分の力で医療行為を行えるような人材を育成するのが目的です。
患者のことをきちんと診療して、適切な治療を施せるようになるためのさまざまな経験をします。

研修は病院で行われるのですが、そこでは上司がいて、一人の社会人として行動することが求められます。
もう学生として扱われることはなく、将来医師になる一人の人間として責任のある行動をしなければいけません。

研修医では初めて医療現場の中に入って、実際に医師として仕事をすることになります。
そこでは、医師として患者や看護師に接する場面もたくさんあるでしょう。
まだまだ未熟な医師としての立場と、医師免許を持つ立派な医師としての二つの異なる立場で見られます。

研修医期間は過酷

研修医の期間はとても過酷な日々が続くため、覚悟を決めておかなければいけません。
労働時間が長くて苦しんでいる方はたくさんいて、さらに時間外労働を求められることも頻繁にあります。
それによって、家族との時間や、自分のための時間を奪われてしまい精神的なストレスを受けている人も多いです。

研修医の中には途中で挫折してしまう人もいるため、誰もが簡単に過ごせる期間ではありません。
自分が想像していた医療現場とのギャップを感じたり、自信を喪失することもあるでしょう。
また、対人関係でも色々なトラブルが生じることがあり、患者や上司との接し方で悩んでしまうこともあります。
このような過酷な環境の中で、一人前の医師になるために医療技術を習得することが必要です。

研修医期間を過ごす場合は、健康やストレスに気を付けることが大切です。
自分の体を壊してしまったのでは意味がありません。
研究によると、メンタルヘルスに異常をかかえている人は投薬ミスをする可能性が高いことが分かっています。

自身のメンタルヘルスを良好に保つことを意識して行動しましょう。
友達や先輩医師に相談をして、悩みを解決することも大切です。
取り返しのつかないことにならないように、自分の健康に気を遣いながら研修医期間を過ごしましょう。