在宅医療

在宅医療の推進

在宅医療の現状

地域医療を発展させるための取り組みとして在宅医療の重要性が注目されています。
在宅医療とは住み慣れた自宅の中で医療を受けることです。
特にお年寄りが安心して医療を受けられるように在宅医療が推進されています。

在宅医療を充実させることによって、病院や診療所の負担を減らすことができるでしょう。
本人にとっては周りに家族がいる状態で治療に専念することができるため、精神的に安定します。
また、在宅医療によって、入院費がかからないため、家計にも優しい制度です。

在宅医療の現状としては、アンケート結果によると半数以上の人が自宅で療養したいと考えています。
また、要介護の状態になったとしても、施設に入れられるのではなくて、自宅での介護を希望する人が多いです。
しかし、現時点では医療機関同士の連携が取れていなくて、訪問診療を実施している医療機関の数も十分ではありません。

これから先、日本ではどんどん高齢者の数が増えていき、在宅医療へのニーズは高まっていきます。
医師にきちんと自宅で診てもらうことができなければ、在宅医療を選択することは困難となります。

在宅医療の推進

現在では、国や地方、医療機関が協力し合って在宅医療を推進するための取り組みを行っています。
まずは在宅医療を行う診療所の機能強化を図り、訪問看護の計画的整備を行うなど、環境面の整備を図っています。
在宅医療とともに、在宅看護の充実を図るために法令を改正したり、投資をしたりしています。

在宅医療を推進するためには、その地域の医療や介護の関係機関が相互に連携して、継続的で包括的な医療や介護を自宅で受けられることが必要です。
在宅医療に関係する機関としては、地域の医療機関や在宅療養支援病院、訪問看護事業所などがあります。
これらをまとめるために、市町村が中心となり、医師会と連携を取りながら、在宅医療体制の構築を図っています。

在宅医療が一般化すれば、終末期に自宅で看取られることが可能となります。
従来はほとんどの人が病院の中で息を引き取ることが多かったです。
しかし、人生の最後ぐらいは自宅の中で死を迎えたいと考えている人はたくさんいます。

地域が連携して在宅医療を推進することで、自宅で家族に見守られながら人生を終えられるようになるでしょう。
現在ではまだまだ在宅医療がきちんと機能していない状態となっています。
また、それぞれの地域ごとに在宅医療への取り組みに差が生じています。
これからは国や医療機関、そして患者の方からも協力することによって、在宅医療の体制が整っていくでしょう。