薬剤

薬剤師の役割について

薬剤師の新たな役割

地域医療にとって大切なのは在宅医療を充実させることです。
日本では高齢者の数が増えていて、病院ではベッドの数が足りていないという事態が起きています。
このような状況に対処するためには、病院でのみ医療を行うのではなくて、在宅医療を促進させることで、病院の負担を軽減することができます。

そして、在宅医療にとって重要な存在となるのが薬剤師なのです。
全国にはたくさんの薬局があり、その数はすでに飽和状態となっています。
こんな状況の中で薬剤師が患者の家を訪問して、薬に関する指導をする試みが行われているのです。

これまでの薬剤師は病院に来た患者から処方箋を受け取り、薬を出すだけでした。
しかし、このような業務だけでは薬剤師の数は余ってしまい、また、薬剤師と患者とが関わる機会も減ってしまいます。

在宅医療に薬剤師が力を発揮することによって、病院では十分に説明することができない薬に関することを指導できるようになります。
特に高齢者の場合は薬の飲み方を間違えてしまうケースが多いため、それぞれの自宅を訪問して直接教えてあげることが大切です。

病院と連携して在宅医療を行う

現在では薬局が地域の病院と連携して在宅医療に取り組むことが多くなっています。
薬剤師が協力することによって、病院から早く家に帰り、自宅の中で治療を続けることが可能となります。
医師にとっては、薬のスペシャリストである薬剤師と協力することは、在宅医療を進めるために欠かせないのです。

これまでの薬剤師は患者と身近な場所で接する機会はほとんどありませんでした。
たとえば、患者が実際に薬を飲む姿を見たことがある薬剤師はいませんでした。
在宅医療に薬剤師が協力することにより、生の意見を聞くことができるため、より効果的な薬の処方ができるようになります。

また、薬剤師にとっては、患者と関わる機会が増えて、実際に薬の効果が出るのを目の当たりにできるためやりがいが生まれます。
薬剤師と病院が協力して地域医療に貢献するための新しい取り組みとして注目されているのです。

医師が指示を出して、薬剤師が個人宅や施設を訪問して、指導を行うという取り組みはこれから増えてくるでしょう。
国の方も、訪問指導により薬剤師に報酬が支払われるようにして、後押ししています。

現在では、薬剤師に対して訪問指導をするための能力を身につかせるための育成も進んでいます。
薬局から出たことがない薬剤師に対して講習会を開き、どのようなことに気をつければいいのかを伝えています。
薬剤師の役割は現代において変化しているのです。