医師のアルバイト

医師のアルバイトについて

医師はアルバイト収入を得られる

医師がアルバイトをすると聞くと奇妙に思う人がいるかもしれません。
一般的にアルバイトといえば、コンビニやファミレス、居酒屋などで大学生やフリーターが行っているのを想像することが多いでしょう。
この場合それほど時給は高くなくて、頑張って働いても正社員と比べればそれほど大きな収入を得ることはできません。

一方、医師の場合は、アルバイトをすることによって、なんと時給1万円を稼ぐことも不可能ではないのです。
より専門性の高い医師であれば、さらに高額な時給を得ることも可能です。
医師として仕事をしながら、空いた時間でアルバイトを行うことにより、高収入を目指すことができるのです。

医師のアルバイト事情

それでは、医師のアルバイトにはどのような種類があるのでしょうか。
大きく分けると日中の外来対応と、夜間の当直対応の2種類があります。

日中の外来対応とは、初診で訪れた患者を見たり、自分の得意とする科目についての専門外来を行います。
午前中だけ行うのか、丸一日行うのかのどちらかとなります。
時給1万円と考えると、午前中だけならば4万円、丸一日アルバイトをすれば8万円稼ぐことができます。

夜間の当直というのは、通常は夜になると常勤医師の数が不足するため、それを補うためにアルバイトを雇うのです。
患者が急変した時の対応をするため、何もなければ当直室で寝ていることもできます。
この場合は、一回につき4万円もらうことができます。

このように医師のアルバイトというのは非常に効率よくお金を稼ぐことができるのです。
もちろん、医師というのは専門的な知識や技術を持っているためこれほど時給が高くなっているのです。
医師の中にはアルバイトだけ行っている人もいます。
たとえば、平日に毎日時給1万円で8時間働くと、年収が約2,000万円に達する計算となります。

これは普通の勤務医の年収よりも高いためおかしいと感じる人がいるかもしれません。
実は、医師の世界では非常勤の方が常勤よりも時給が高く設定されていることが普通なのです。
昔からの慣習が今でも残っているため、時給が高いままとなっています。

もちろんアルバイトといっても、医師として仕事をするため、内容はかなりキツイものとなります。
常勤医として働きながらアルバイトを行うのはかなりの負担となるでしょう。
それでも、時給が良いため、どうしても年収を増やしたいという目的のある方は積極的にアルバイトを行います。
年収という意味においては、医師はアルバイトがあるために恵まれているのです。