研修医期間の過ごし方

研修医期間は非常に重要

医師になるためには医学部に合格して、学校で講義や実験、実習などを受けます。
しかし、これだけではなくて、最後に研修医としてトレーニングを積む必要があります。
研修医というのは新社会人として労働をして、なおかつ医師になるためのトレーニングに取り組む人のことです。

研修医期間中にはさまざまな診療や研修を受けることになります。
医師としての基本的な考え方を身に着けて、自分の力で医療行為を行えるような人材を育成するのが目的です。
患者のことをきちんと診療して、適切な治療を施せるようになるためのさまざまな経験をします。

研修は病院で行われるのですが、そこでは上司がいて、一人の社会人として行動することが求められます。
もう学生として扱われることはなく、将来医師になる一人の人間として責任のある行動をしなければいけません。

研修医では初めて医療現場の中に入って、実際に医師として仕事をすることになります。
そこでは、医師として患者や看護師に接する場面もたくさんあるでしょう。
まだまだ未熟な医師としての立場と、医師免許を持つ立派な医師としての二つの異なる立場で見られます。

研修医期間は過酷

研修医の期間はとても過酷な日々が続くため、覚悟を決めておかなければいけません。
労働時間が長くて苦しんでいる方はたくさんいて、さらに時間外労働を求められることも頻繁にあります。
それによって、家族との時間や、自分のための時間を奪われてしまい精神的なストレスを受けている人も多いです。

研修医の中には途中で挫折してしまう人もいるため、誰もが簡単に過ごせる期間ではありません。
自分が想像していた医療現場とのギャップを感じたり、自信を喪失することもあるでしょう。
また、対人関係でも色々なトラブルが生じることがあり、患者や上司との接し方で悩んでしまうこともあります。
このような過酷な環境の中で、一人前の医師になるために医療技術を習得することが必要です。

研修医期間を過ごす場合は、健康やストレスに気を付けることが大切です。
自分の体を壊してしまったのでは意味がありません。
研究によると、メンタルヘルスに異常をかかえている人は投薬ミスをする可能性が高いことが分かっています。

自身のメンタルヘルスを良好に保つことを意識して行動しましょう。
友達や先輩医師に相談をして、悩みを解決することも大切です。
取り返しのつかないことにならないように、自分の健康に気を遣いながら研修医期間を過ごしましょう。