結核

かつての不治の病

かつては「労咳」と呼ばれ、不治の病であると考えられていた病気があります。
この病気は感染病であるため、感染を避けるための隔離療養施設であるサナトリウムというものが作られ、当時はこのサナトリウムを舞台にした作品なども多く登場しました。
ここで紹介するのは、医学の発展によって不治の病ではなくなった病気「結核」についてです。

結核は多くの場合、肺で発症する病気です。
結核菌という菌が肺の内部で増殖して症状を引き起こします。
レアケースではありますが、肺ではなく腎臓やリンパ管などに発症することもあります。
こちらの場合は「肺外結核」という名称で呼ばれます。

結核による症状は、多くが風邪に似通っています。
咳や痰が出たり、発熱を伴ったり、食欲が低下したり、というようなものです。
しかし、風邪と違い自然に治癒することは少なく、症状が悪化していきます。
中期症状では息切れを起こしたり、痰の中に血が混じったりし始めます。

これが更に重度になると、今では結核のイメージの1つとなっている「喀血」が起こり、呼吸困難などの重症症状を引き起こします。
この段階になると、死に至る可能性が十分あります。
現在のような治療方法が確立されていなかった時代には、日本で一番の死因がこの結核でした。

それでは、風邪なのか、結核なのかというのはどのように判断するのが良いでしょうか。
やはり「長引く」というのが、大きなポイントの1つとなります。
風邪の場合には1週間、2週間程度で引く場合がほとんどですが、結核の場合には2週間以上症状が長引くことになります。
そういった場合には、医者で検診を受けて結核でないかどうかをチェックしてもらうようにしましょう。

結核の治療や検診は「結核予防会」に加入している病院で受けることが出来ます。
近くに加入病院がない場合には、保健所に連絡すると対応できる病院を教えてもらうことができます。

結核の治療

それでは、結核の治療は現在ではどのように行なわれているのでしょうか。
結核だと診断された場合、まずは入院するのか、自宅療養するのかを決定します。
この時の基準となるのが「排菌の有無」です。

結核が発病していても、必ずしもその菌をばら撒くようになっているわけではありません。
排菌が発生している場合には周囲への感染を防ぐ目的から、入院を行うことになります。
この場合、排菌が停止するまでの間入院となり、平均的には2ヶ月程度必要となります。

結核の治療は4種類の薬を使って行なわれます。
通院の場合には自宅で飲むことになりますが、医師の指導がない限り勝手に停止してはいけません。
おおよそ6ヶ月前後で治癒するのが一般的ですが、病状によって個人差があります。

虫垂炎

下腹の右が痛んだら

臓器の名前でありながら、それ自体が病気の名前として使われることがあるのが「盲腸」です。
正確には盲腸に発生する炎症で「虫垂炎」という名前です。
それでは、この虫垂炎というのがどのような病気であるのかについて簡単に紹介します。

まず大前提としてですが「盲腸」というのがどのような臓器であるのかについてです。
盲腸は小腸と大腸を繋ぐ部分から接続している臓器で、大きさは6センチから8センチほどと小さいものです。
主に解毒や免疫機能のために利用される臓器であると考えられているものの、成人に取ってはその機能は必要なものではない、というのが定説です。
そのため、虫垂炎が発生した場合、多くのケースでこの盲腸を切除するという治療方法が取られることになります。

盲腸は右下腹部にあるため、必ず右側が痛む形で発生します。
痛み自体も強いものですが、もしこの段階で治療を行わずに放置すると、より激しい症状を引き起こすことになります。

治療されなかった虫垂炎は、盲腸の破裂を起こしてしまうことがあります。
こうなると、炎症によって細菌が繁殖している腸の内容物が腹腔に撒き散らされることになります。
これが腹膜に感染し、腹膜炎を起こすと、生命に関わることになります。
さらに、血液に波及し、敗血症が発生してしまった場合でも、同様に生命に関わる症状となります。

それでは、大人になるとほぼ使われていないと考えられている盲腸が、何故炎症を起こしてしまうのでしょうか。
実は虫垂炎の原因というのは、現在のところ明確に判明していません。
原因と目されているのは、異物や糞便、腫瘍などによって虫垂の入口が狭まってしまうことです。
こうなると虫垂内の血行が悪化して、炎症を引き起こしやすい状態となります。

段階と治療

それでは、虫垂炎の治療がどのようなものであるのかについて紹介します。
虫垂炎はその重症度によって、3つの段階に分けることができます。
最も軽度なのは「カタル性」と呼ばれます。
このカタル性の症状の場合、現在では手術を行わずとも、薬理的に治療を行う事ができるようになりました。

薬剤を利用して虫垂炎の症状を緩和するというものです。
ただ、場合によっては再発の可能性があるため、通院と検査は必要となります。

第2段階は「蜂窩織炎性」、第3段階は「壊疽性」と呼ばれます。
これらの段階になると手術によって虫垂の切除が行われることになります。

従来と同じく開腹手術を取る場合もあれば、腹腔鏡手術を取る場合もあります。
病院によって技術の違い等もあるため、説明を聞いてメリット・デメリットを理解した上で、利用する術法を選択するのが良いでしょう。
虫垂炎は早期治療を行えば、そこまで危険な病気ではありません。

痛風

ひどい痛みをともなう

風が当たっただけでも激痛が走る、と言われる病気として「痛風」があります。
この痛風は生活習慣病の1つとしてよく知られているものですが、実際の症状や原因などがどのようなものなのかについて紹介します。

痛風の原因は、体内の「尿酸」です。
尿酸値の高い状態が継続してしまうと、親指の付け根などの関節部分に強い痛みと腫れが発生します。
この痛みはこれまでの人生で感じたことがないような激痛であると言われる事が多く、歩行ができなくなってしまうようなものです。
ただ、この最初の発作自体は、そこまで長く続くわけではありません、1週間から10日程度で症状は収まり、今度は全く症状が出なくなります。

しかし、痛風の症状はこれで終わるわけではありません。
一度発作が起こると、体内では尿酸値が高い状態が維持されるようになり、多くの場合1年以内に再び発作が発生します。
今度は前回痛みの起こった親指だけではなく、さらに足首や膝関節などにも影響が及び、痛みの範囲が広がっていきます。

また、この痛風の合併症として、腎臓機能の低下や尿路結石などが発生することがあります。
尿路結石も、痛風と同じく激痛の病気であり、両方の耐え難い痛みが襲うことになります。

それでは、痛風の発生原因についてより詳しく紹介します。
体内の尿酸は、通常は尿などと共に排出され、体に悪影響を及ぼすことはありません。
しかし、この尿酸の濃度が高くなると、体外に排出がしきれなくなり、体内に残り続けることになります。
この尿酸の結晶は顕微鏡で見ると針のような形をしているもので、これが関節部などに溜まり続けることになります。

そして、一定以上になった時に、体内で白血球が反応を起こし、痛風発作が発症することになります。
血液検査に於いて、尿酸値が7.0mg/dLを超えてしまうと高尿酸血症となり、痛風のリスクが高まります。
痛風は女性よりも男性に多い病気ではありますが、女性に発生しない病気ではありません。

尿酸値が上がる原因

それでは、尿酸値は何故上がってしまうのでしょうか。
尿酸値の上昇には、大きく「遺伝的要因」と「環境要因」の2つが関係しています。

まず遺伝的要因ですが、「稀であるものの影響力が強い遺伝」と「頻繁であるものの影響力が弱い遺伝」の2つの種類があります。
いずれにせよ、近親に痛風の経験者などがいる場合はリスクが高まっている可能性があります。

そして、やはり重要なのは環境要因の方です。
こちらは食生活や飲酒週間等によって大きな影響を受けます。
肉や魚などは尿酸値を増やしやすく、野菜や乳製品などは減らしやすいとされています。
また、この他にもストレスなどが尿酸の排出を阻害し、発生リスクを高めてしまうことも有ります。

乳がん

乳がんの基礎知識

すでに紹介した白血病もその一種ですが、様々な臓器に対して「がん」が発生する可能性があります。
そのがんの中には、臓器の有無によって男性・女性で発生の有無が違う「前立腺がん」や「子宮頸がん」なども含まれています。
ここでは、子宮頸がんと同じく「女性のがん」として広く知られている「乳がん」について紹介します。

乳がんというのは、乳房内部にある「乳管」や「小葉」と呼ばれる部分から発生するがんの総称です。
どちらから発生したのかによって「乳管がん」「小葉がん」というように呼び分けられることもあります。
胸の構造上、乳がんの発生は女性に圧倒的に多く、女性の病気という、認識がされていますが、実は男性でも絶対に罹らないというわけではありません。
男性の乳がん発生率は女性の乳がん発生率の1%程度と極めて低いものではありますが、近親者に乳がんの経験をした女性がいる場合などは、注意する必要があります。

乳がんの初期症状としてはまず「しこり」の発生があります。
進行してくると乳房の内部に腫瘍が発生し、これがしこりのように感じられるようになります。
しこりがあるのがイコール乳がんというわけではありませんが、違和感がある場合にはまず医者で診断をしてもらうようにすることで、初期発見・初期治療に繋がります。

また、「乳房の皮膚変化」も症状の1つです。
皮膚にただれができやすくなったり、赤やオレンジ色がかったりすることが初期症状として現れることがあります。
これは、乳がんの細胞が乳房付近のリンパ管に影響を及ぼし、炎症を起こしているものです。

この場合は、近くのリンパ節にも腫れが発生しやすくなります。
乳房近くのリンパ節が腫れると、腕までの流れが阻害されやすくなり、腕のむくみやしびれなどが起こることがあります。

このように、乳がんは比較的初期症状が見られやすいがんです。
その為、少しでも気になることがあれば早い段階で治療を受けることが重要になります。

ただし、全てがこのような方法で見つけられるわけではありません。
やはり重要なのは、定期的に検診を受けて発見することです。
現在はマンモグラフィーなどの方法で、より高精度な乳がんの発見ができるようになっています。

乳がんの発生原因

乳がんの発生原因として考えられているのが、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが関係しているということが分かっています。
エストロゲンの濃度が高いほどリスクが高まることが知られており、初潮が早く、閉経が遅い人はその分エストロゲンの分泌も多くなってしまうことが多く、リスクが高まると言われています。
また、閉経後に肥満になることも、リスクに繋がることが分かっています。