乳がん

乳がんの基礎知識

すでに紹介した白血病もその一種ですが、様々な臓器に対して「がん」が発生する可能性があります。
そのがんの中には、臓器の有無によって男性・女性で発生の有無が違う「前立腺がん」や「子宮頸がん」なども含まれています。
ここでは、子宮頸がんと同じく「女性のがん」として広く知られている「乳がん」について紹介します。

乳がんというのは、乳房内部にある「乳管」や「小葉」と呼ばれる部分から発生するがんの総称です。
どちらから発生したのかによって「乳管がん」「小葉がん」というように呼び分けられることもあります。
胸の構造上、乳がんの発生は女性に圧倒的に多く、女性の病気という、認識がされていますが、実は男性でも絶対に罹らないというわけではありません。
男性の乳がん発生率は女性の乳がん発生率の1%程度と極めて低いものではありますが、近親者に乳がんの経験をした女性がいる場合などは、注意する必要があります。

乳がんの初期症状としてはまず「しこり」の発生があります。
進行してくると乳房の内部に腫瘍が発生し、これがしこりのように感じられるようになります。
しこりがあるのがイコール乳がんというわけではありませんが、違和感がある場合にはまず医者で診断をしてもらうようにすることで、初期発見・初期治療に繋がります。

また、「乳房の皮膚変化」も症状の1つです。
皮膚にただれができやすくなったり、赤やオレンジ色がかったりすることが初期症状として現れることがあります。
これは、乳がんの細胞が乳房付近のリンパ管に影響を及ぼし、炎症を起こしているものです。

この場合は、近くのリンパ節にも腫れが発生しやすくなります。
乳房近くのリンパ節が腫れると、腕までの流れが阻害されやすくなり、腕のむくみやしびれなどが起こることがあります。

このように、乳がんは比較的初期症状が見られやすいがんです。
その為、少しでも気になることがあれば早い段階で治療を受けることが重要になります。

ただし、全てがこのような方法で見つけられるわけではありません。
やはり重要なのは、定期的に検診を受けて発見することです。
現在はマンモグラフィーなどの方法で、より高精度な乳がんの発見ができるようになっています。

乳がんの発生原因

乳がんの発生原因として考えられているのが、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが関係しているということが分かっています。
エストロゲンの濃度が高いほどリスクが高まることが知られており、初潮が早く、閉経が遅い人はその分エストロゲンの分泌も多くなってしまうことが多く、リスクが高まると言われています。
また、閉経後に肥満になることも、リスクに繋がることが分かっています。

肺炎

肺炎の症状と原因物質

肺炎、というのは、病気の名前のとしては非常に広いもので、これだけではその症状がどのようなものであるのかまでははっきりと分かりません。
名前の通り肺に炎症が起こる病気の総称で、その症状は全体的に「胸の痛み」や「呼吸の苦しさ」「発熱」などが中心となります。
しかし、実はこの肺炎にはいくつかの違った原因が存在しています。

肺炎の中で最も原因となることが多いのが「肺炎球菌」の感染によるものです。
肺炎全体の25%前後がこの肺炎球菌によって発生する肺炎となっています。

次に多いのが「インフルエンザウイルス」による肺炎です。
インフルエンザウイルスは皆さんもご存知の冬場に多い高熱を伴う病気、インフルエンザを発症させる原因となるウイルスですが、実はこれが肺炎に影響を及ぼすことがあります。
インフルエンザに感染すると、体内では様々な変化が発生します。
免疫機能を高めるために発熱を起こしたり、気道細胞の破壊や全身の炎症が起こったりします。

この状態になると、肺の抵抗力が大幅に低下することになります。
これにより、通常の抵抗力であれば感染しないような肺炎原因菌であっても感染してしまうことになり、肺炎が発症する原因となります。
その為、インフルエンザによる肺炎というのはあくまで遠因であり、実際の肺炎を引き起こすのは肺炎球菌や、ウイルスとなります。

高齢になると肺炎になる人が多くなるのは、基本的な抵抗力が低下することが原因です。
また、糖尿病や呼吸器疾患などを患っている場合も、発症の可能性が高くなってしまいます。
この状態になると感染が起こりやすくなり、肺炎へと発展してしまう可能性も高くなります。

肺炎の治療を行う場合には、まず「重症度」を判定する必要があります。
重症度に応じて、入院での治療が必要なのか、あるいは在宅での治療か可能なのかが違ってきます。
いずれの場合でも、まずは原因菌の判定を行い、それに対して効果を発揮する薬を利用した治療を行うことになります。
薬は使用し続けていると耐性が出来てしまい効果が薄くなってしまうこともあるため、その点にも留意しながら治療方針が決定されます。

肺炎の予防法

それでは、肺炎を予防するためには、どのようなことが効果的になるのでしょうか。
上記の通り、肺炎は菌やウイルスによって感染し発症する病気であるため、通常の風邪と同じような対策が予防効果を発揮することになります。

すなわち、手洗いやうがいをしっかりすることや、マスクを着用することなどです。
さらに、抵抗力を下げてしまうような不規則な生活や、喫煙などをやめることでも予防に効果を発揮します。

そして何より、早い段階で診察を受け、治療を始める事が重要です。

熱中症

屋内はもちろん室内にも注意

毎年夏を迎えると、必ず全国各地で「熱中症」による被害のニュースが見られます。
特にここ数年、節電が叫ばれるようになってからは、高齢者の熱中症などが大きな問題として取り上げられるようになりました。
室内であっても発生することがある熱中症というのは、どのような病気で、どのような症状が発生するものなのでしょうか。

熱中症は、高熱にさらされることによって発生する様々な症状の総称です。
熱中症に分類される症状は大きく4つあり、軽度なものから重度なものまで含まれています。

まず1つ目は「熱失神」という症状です。
これは熱によって皮膚血管が膨張し、血圧が急激に低下してしまうことによって発生する症状です。
めまいを起こしたり、一瞬の失神を起こすことがあります。

次に2つ目は「熱けいれん」という症状です。
暑さによって大量の汗をかいてしまった後に、大量の水を飲んだ際に発生しやすい症状です。
水を大量に飲むと、血中の塩分濃度が急激に低下し、筋肉痛や筋肉の硬直、けいれんなどの症状が発生します。

3つ目は「熱疲労」という症状です。
これは、暑さによって水の補給が追いつかなくなってしまって発生する症状です。
嘔吐や頭痛を引き起こしたり、全身に倦怠感が走るなど、様々な影響が起こります。

そして4つ目は「熱射病」という症状です。
これは熱中症で最も重症の状態であり、意識障害を起こしたり、ショック症状を起こしたりすることがあります。
体温が極めて高くなり、言動がおかしくなり、意識を保っていられなくなることがあります。

熱中症への対策

それでは、熱中症に対してはどのような対策を行うのが良いのでしょうか。
まずは、そもそも熱中症を起こしやすい人はどのような人なのか、ということについて紹介します。
熱中症が重症化しやすいのは、「子供」と「高齢者」です。
子供はまだ汗腺が未発達であり、汗をかくことによって体温調整を行う機能がまだ発達していません。

そのため、大人ならば問題ないような温度であっても、体温が急激にあがってしまい、重度の熱中症につながる可能性があります。
熱中症は脳などに障害を残す可能性がある病気です、子供の体調管理は大人が責任を持って行なわなければなりません。

高齢者は「温度を感じる能力」が低下していることが問題です。
若年層であれば「暑い」と感じるような場所でも、高齢者は意識としては暑さを感じないことがあります。
その結果、気付かないうちに熱中症が重症化し、自分では何もできなくなってしまう、ということがあります。

このような症状を防ぐためには「症状が出る」前から、しっかり水分の補給を行うなどして対策を行う事が重要です。
発症してしまってからでは、遅いこともあります。

パーキンソン病

パーキンソン病の症状を知る

年齢と共に、運動能力が低下していくのは一般的な加齢の症状です。
しかし、年齢によるものとは別に、急激に身体能力が低下するなどして、日常的な生活を送ることが難しくなってしまう病気があります。
ここで紹介するのは、そんな筋肉に対して影響を及ぼす病気である「パーキンソン病」です。

パーキンソン病には、大きく四つの症状があります。
まず1つ目は「振戦」という症状です。
これは、何もしていないのに手足が震えてしまうというものです。
パーキンソン病の場合、体のどちらか片側だけの手足が震えやすくなる傾向があります。

また、この症状は「何もしていない時」に発生しやすく、何かをし始めると止まることが多くなっています。
他にも、緊張時に発生しやすくなるなどのトリガーがあります。

2つ目の症状は「筋固縮」という症状です。
こちらは、筋組織がこわばり、上手く動かすことができなくなってしまう症状です。
パーキンソン病の如実な症状の1つと言えるもので、進行すると体の動作が「機械仕掛け」のようにぎこちないものとなります。
初めの頃は、日常生活ではほぼ自分では気付かない程度のものですが、医師による診断で明らかになりやすい症状です。

3つ目の症状は「無動」という症状です。
こちらは日常生活における様々な動作にかかる時間が長くなってしまったり、上手くできなくなってしまう症状となります。
例えばボタンを止めるのにやたら手間取るようになってしまったり、立ち上がるのに時間が掛かってしまったりします。
また、これまでは気に留める事なくできていた動作が、考えなければ上手くできなくなることもあります。

4つ目の症状は「姿勢反射障害」という症状です。
これは、体のバランスを取るのが苦手になってしまうという症状です。
歩く時には前かがみになりやすくなってしまい、転びやすくなってしまいます。
また、ちょっとした衝撃でもバランスを崩してしまいやすくなり、階段などでの事故につながります。

ヤール重症度

パーキンソン病の診察を行う場合には、一般的に「ヤール重症度」と呼ばれる尺度に則って、現在の病状がどの程度のものなのかを判断することになります。
ヤール重症度は1から5までの5段階に分かれています。

1段階目は、片側にのみ症状が発生している段階です。
それほど自覚的な症状がある段階ではありません。

2段階目は、症状が体の両側に広がります。
姿勢反射障害については、まだ発生していない段階となります。

3段階目は、姿勢反射障害が発生した段階です。
運動能力が大きく低下し始める段階です。

4段階目は、「なんとか歩ける」程度の状態です。
一人では出来ないことも多くなります。

5段階目は「一人で歩けない」段階です。
様々なことに介助が必要となります。