医療

手塚治虫(漫画家)

神様と呼ばれるほど

医療関係の資格を持っている有名人、というよりは「持っていた有名人」となってしまいますが、次に紹介するのは日本人なら知らない人はいないでしょう、漫画界の神様としてもはや崇拝の対象ともなっている人物「手塚治虫」です。
本名は治ですが、ペンネームを考えた当時昆虫が好きであったということもあって虫を入れた名前となりました。
今ではすっかり漫画界の神様として知られている手塚治虫ですが、彼の生きた時代において「漫画」というものは現在における「漫画」とは大きく違ったものでした。

というのも、手塚治虫が生きた少年時代は戦時中です。
そのため、「漫画」にうつつを抜かしている、ということで教師から怒られるようなことも少なくありませんでした。
そんな中でも自分の好きなことを貫き通したことが、現在においても知られる手塚治虫を形成したのだと考えられるでしょう。
ただ、いきなり漫画家となったわけではなく、その人生には大きなうねりが存在していました。

戦争が終わり、戦争体験を経て命についての重要性を考えた手塚治虫は最初、医学の道へと進んでいます。
実際に医学部を卒業するだけではなく、医学博士号まで取得するなど、医学の世界においてもその道を極めました。
しかし、その後医師として活動するのではなく、やはり最初に選んだ道ということで漫画の道へと戻ってきました。

ブラックジャック

その「医学部」での経験が生かされている作品があります。
読んだことがある人も多いでしょうし、アニメ化された作品を見たことがある人も多いでしょう、「ブラックジャック」です。
医学漫画といえば何かと言われた時に、多くの人がこの漫画を挙げるのではないでしょうか。
この漫画は「間黒男」という無免許の外科医が、様々な難病や怪我を外科手術によって治す、というストーリーとなっています。

医学博士であった知識を活かして様々な病気についての描写が行われているのが特徴で、内蔵の描写などもかなり鮮明に行われていました。
ただ、ブラックジャックがこれほど人気のある漫画となったのは、それだけが理由であったというわけではありません。
実はブラックジャックに登場する病気というのは、全てが実在しているものではなく、実際には存在しないようなものも多く登場しました。
言うなれば「ウソの病気」であるにも関わらず、リアリティがあるように描かれていたことが大きなポイントとなっていたといえるでしょう。

中には「宇宙人」や「鳥人間」を手術する回や、「機会」を手術する回すらありました。
さらに鏡を使って自分の腹からエキノコックスを取り出すという離れ業もこなすなど、「現実とフィクション」のバランスが優れていたのが特徴と言えるでしょう。

GReeeeN(歌手)

両立をしている

医療関係の資格を持つ有名人として次に紹介するのは「GReeeeN」のメンバーです。
2002年頃に登場しいきなり高い人気を獲得、様々なJPOPによって一斉を風靡しました。
このバンドはそもそもメンバー全員が「医学関係者」ということが知られています。
元々歯学部の学生4人が集まってバンドを始めたということもあり、むしろそちらがメインであったということです。

始めは卒業を機会にバンド活動も卒業して歯科医師に専念する予定だったということですが、現在でも活動を続けており、今では歯科医師との両立で行っていることになります。
メンバー全員が「2足のわらじ」を履いているということ極めて稀有なバンドだといえるでしょう。

このバンドのもう一つ稀有な点を挙げるとすると、「顔を出さない」ということにあります。
昨今は歌よりもビジュアルで売る歌手が多い中で、一切顔を出さないアーティストというのもかなり珍しいと言えるでしょう。
PVは勿論のことライブなどにおいても顔を出さないように紙袋をかぶったりと、そこもまた一つの楽しみとなっています。

メンバー紹介

さて、それではメンバーひとりひとりのプロフィールについて掘り下げてみましょう。
一人目は「HIDE」です。
大阪府高槻市の出身であり、HIDEの兄であるJINがGReeeeNのプロディースを行っているということから、根幹的なメンバーであるといえるでしょう。
後述するNaviと二人だけのバンドであり、eの数が少ないGReeeNという名前で活動していました。

東日本大震災の際に身元特定作業を行うために東北入りするなど、歯科医師としても本格的な活動を行っています。
現在では北海道に転勤して歯科医師としても活動しています。

二人目は「navi」です。
前述の通り最初のメンバーの1人でした。
子供の頃からピアノをやっていたという関係上、最初はバンド活動においてもキーボードを担当していたものの、高校時代からギターに持ち替えています。
福島県の歯科大学に進学し、現在では北海道に転勤しています。

三人目は「92」です。
これでクニというなまえとなっています。
途中参加のメンバーであり、繋がりは同じ大学に所属していた、ということでした。
沖縄の出身であり、音楽についても沖縄民謡がルーツになっていると語っています。

上記二人のメンバーよりも若いものの、先に歯科医師免許を取得するという優秀さを誇っています。
現在では沖縄県に転勤し歯科医師としても活動しています。

最後の1人は「SOH」です。
佐賀県の出身のメンバーであり、参加当時は音楽活動の経験がなかったというのが特徴です。
2010年に歯科医師免許を取得していますが、その後の歯科医師としての活動については公表されていません。

ケツメイシ

ケツメイシ(歌手)

出し尽くすバンド

医療関係の資格を持っている有名人として次に紹介するのは、バンドとして一世を風靡した「ケツメイシ」です。
一見すると意味が分からないこのバンド名も、実は持っている「薬剤師資格」に関係があるものだというのはご存知でしょうか。
ケツメイシの由来となっているのは「決明子」という名前の薬草です。
中国などでは古くから利用されている漢方の一種であり、効能は「下剤」となっています。

つまり、「全てを出し尽くす」という意味で決明子からケツメイシという名前を使っている、ということです。
と、それっぽく言っているのは後付の理由であり、当初は薬学辞典のページを適当に開いたら目についた、ということでケツメイシが採用されたとか。
その結果ここまで有名になるのですから、やはり実力があってのことでしょう。

それでは、ケツメイシのメンバーについて紹介します。
一人目は「Ryo」です。
本名は田中亮、1972年生まれのピンクをカラーとするメンバーです。

元々兵庫県神戸市で生まれ、東京薬科大学に進学しました。
実際に卒業して資格を取得しており、薬剤師として活動することもできるメンバーとなっています。
音楽活動については継続していたものの、元々は世田谷の調剤薬局に勤務していたということもあり、実務経験もあるメンバーであるとか。
ちなみに父親は心臓血管外科医学会で有名な順天堂大学の名誉教授であるということもあり、医学系なのは血筋のようです。

二人目は「Ryoji」です。
本名は大塚亮ニ、イメージカラーはオレンジとなっています。
Ryojiは医療関係の資格を持っているメンバーではありません。
元々兵庫県神戸市の灘区出身であり、Ryoと同郷のメンバーとなっています。

三人目は「太蔵」です。
本名は吉田大蔵、イメージカラーはディープグリーンとなっています。
兵庫県神戸市東灘区の出身で、東京薬科大学に進学し薬剤師資格を取得しています。
大蔵は薬剤師資格の他にも鍼灸師の資格を持っており、2つの医療関係資格を持っているメンバーどてっています。

最後に四人目は「DJ KOHNO」です。
本名は河野健太で、イメージカラーはライトグリーンとなっています。
唯一神戸の出身ではないメンバーで、元々は広島県廿日市市に住んでいました。
こちらのメンバーも薬学系の資格を持っていません。

ショッキングな名前

薬学辞典からランダムで選出したとはいえ、結果的に「ケツメイシ」という中々ショッキングな名前になったこともあり、様々な関連商品もそれに絡んだショッキングなネーミングとなっています。
例えば当時行われていたラジオは「ケツメイシのおしりの穴からコンニチハ」であったりしました。
この他にも、ライブDVDのタイトルが「ケツノ穴」であったりと、ファン以外からするとかなりとっつきにくいイメージになっています。
ということもあり、本当のファンだけが残っているという状態なのかもしれません。

林原めぐみ(声優)

幅広い活躍

医療関係の資格を持っている有名人として一人目に紹介するのは「林原めぐみ」です。
アニメをよくご覧になる方にとっては馴染み深い人ではないでしょうか。
有名なアニメや吹き替え作品にも参加されている声優で、歌手活動やラジオパーソナリティとしての活動など、幅広い活躍を見せています。

林原めぐみが声優としての人気の頭角を現し始めしたのは1988年頃からでしょう。
この時に放送されていたアニメ、魔神英雄伝ワタルでメインキャラクターを担当することになったことから、だんだんと注目を集める役を任せられるようになっていきました。
実はアニメの収録の第一話の収録の際に看護学校の卒業式があったため、当日に参加することが出来ず、別日にとって合わせるというベテランさながらの方法で参加しています。
この後もしばらく資格を活かして看護師としてアルバイトを続けていたものの、監督や先輩による助言もあって看護師の仕事は辞め、声優に専念することにしたと言われています。

特に林原めぐみの人気を高めることになったのが、現在でも映画版での続編が続いている「新世紀エヴァンゲリオン」でしょう。
作品においてメインヒロインである綾波レイ役を担当することになりました。
このアニメは当時社会現象と呼ばれる程までに流行し、同時に林原めぐみの名前も広く知れ渡る事になったと言えます。

ちなみに当時のアニメにおいては脇役やナレーションなどは他のキャラクターの声優が担当することが多かったため、アニメを見ていると綾波レイ以外にも林原めぐみの声を聞くことが出来ます。
中には人間ではない役や叫び声なども担当しているため、ひと味違った声を楽しむことができるでしょう。

声優としてのスタンス

最近では声優が表にでてアイドル活動を行う、アイドル声優というのも多くなってきました。
林原めぐみはそういった方向性に流れることはなく、ともかく「裏方」に徹することを重視しています。
そのため、声優が声優として表にたつような番組については否定的で、あまり出演することはありません。
顔を知らないという人も多いのではないでしょうか。

ただし、声優としての仕事や魅力についてそのまま伝えることができると判断した番組については出演しているのも特徴です。
実際過去には徹子の部屋に出演しており、声優の仕事について存分に語ったこともありました。

さらに、ファンについて出しているお金の額によって区別することはない、という方針を持っているため、人気の高い声優であるにも関わらずファンクラブを持っていません。
単独のコンサートも行うことがなく、誰でも平等にファンをすることができる、というのが特徴的な声優です。
今ではラジオの公開録音での歌披露が唯一の公開の場となっています。