統合失調症

精神のバランスが崩れ、日常生活が困難になる病気

統合失調症という病気を聞いたことがあるでしょうか。
この統合失調症という病気は、その病状が人によって違っていることから、誤解を受けやすい病気の一つです。
そこでここでは、統合失調症がどのような症状を持っている病気なのかについて紹介します。

統合失調症は、いわゆる精神領域の病気です。
ストレスなどの原因によって精神状態のバランスが崩れてしまい、それが体に対しても影響を及ぼすことで発生します。
その症状は多岐に渡っており「幻覚」「妄想」「疑心暗鬼」などが代表的に良く知られているものです。
見えない物が見えるようになったり、聞こえないことが聞こえるようになったりして、日常的な生活に大きな支障を及ぼす可能性があります。

また、他の人達が「自分に危害を加えようとしているのではないか」と考えるようになってしまい、外に出ることができなくなったり、仕事や学校に行くことができなくなってしまうこともあります。
この統合失調症に於いて、何より問題なのは、周囲の理解が得られにくい病気であるということです。
精神領域の病気というのは、肉体領域の病気に比べてまだまだ「本人の意識の問題」であると捉えられることが多い傾向があります。
また、精神科や心療内科に行く事自体を、嫌がる患者やその家族というのも多く存在しているのが実状です。

しかし、統合失調症は「病気」です。
他の肉体の病気と同じように、「早期の発見と治療」が重要であり、「薬などを用いた治療」が効果を発揮するものでもあります。
本人はもちろんのこと、家族もそのことを受け入れ、理解をした上で治療を行っていかなければ、苦しみ続けることになります。

現在では、統合失調症に効果を発揮する薬が作られ、さらに心療によるケアの効果も高まっていることにより、この病気の治癒率は劇的に上がっています。
まずは「病気」と向き合う事が重要です。

統合失調症の治療

それでは、統合失調症の治療というのはどのような形で行われるのでしょうか。
現在この病気の治療のために用いられるのは「抗精神病薬」と呼ばれる薬品です。
抗精神病薬には、「幻覚や妄想を抑える効果」「不安や不眠を軽減する効果」「意欲の減退などの改善を行う効果」の3つが含まれています。

精神に対して効果を及ぼす薬ということもあり、これが「精神科」に対して悪いイメージを持つ理由になっている人も多いかも知れません。
実際にはその薬によって「人格」を矯正するようなものではなく、例えば風邪を抑える抗生物質と同じように、辛い症状を抑えるための薬です。

そして、その薬を使い日常生活に少しずつ戻れるようにしながら、心理ケアによって治療を目指していくことになります。

急性リンパ性白血病

急性リンパ性白血病とは

白血病という病気自体は、広く知られるようになってきたかと思います。
ただ、その詳しい病状がどのようなものであるのかまでは、よく知らない人も多いのではないでしょうか。
白血病を題材にした創作作品などから「死に至る病気」「移植でしか治らない」「治療で髪が抜ける」というようなことばかりが知られるようになっています。
それではまず、急性リンパ性白血病が具体的にはどのような病気であるのかについて紹介します。

急性リンパ性白血病を一言で表すのであれば「血液のガン」です。
がん細胞が悪性化し、造血を司る部分へと進行することによって、異常が発生します。

この急性リンパ性白血病は、子供に多く発生するガンであることも知られています。
大人の場合に比べて、抗癌剤による効果が出やすい傾向があります。
逆に大人で発生した場合、同じく白血病の一種である急性骨髄性白血病よりも抗癌剤が効きにくい傾向があります。

急性リンパ性白血病が発生すると、「白血病細胞」というものが大量に増殖します。
こうなると、正常な造血が行えなくなってしまい、それに起因する様々な症状が体に発生するようになります。
例えば貧血を起こしやすくなってしまったり、感染病にかかりやすくなってしまったり、重度になると脳や脊髄に進行し、生命維持に大きな影響を与えることになります。

さらに、この病気を発症すると合併症が発生しやすくなります。
特に「出血」が起こりやすくなるのが顕著な症状です。
抗癌剤の治療の副作用によって、止血作用が弱まっていることが多いため、この出血にもしっかり対応しなければより大きな症状を招いてしまうことにもなります。

急性リンパ性白血病の原因と治療

それでは、急性リンパ性白血病というのは何故発生してしまう病気なのでしょうか。
残念なことに、現在のところその確かな原因というのは特定されているものではありません。
研究の段階ではありますが、染色体異常が原因の1つとなっていることが考えられている、というような状態です。
その為、急性リンパ性白血病を「予防」することは、現在の医学では難しいと言わざるを得ません。

実際に発症した場合には、前述の抗癌剤を使った治療を行うことになります。
そしてもう1つの大きな治療法となるのが、造血幹細胞移植療法です。
患者の骨髄のタイプと合致する骨髄を持っている人から移植を受けて治療を行うことになります。

抗癌剤だけでも寛解までは辿り着くことができる場合が多いものの、治療の中で抗癌剤に対して耐性が出来てしまい、治療の効率が悪化してしまう可能性があります。
そういった時には、移植による治療が必要になります。
移植には親族や、登録されているドナーからの提供が必要です。

脳梗塞

血栓が原因で脳が壊死してしまう

日本人の死因の中でも、かなり高順位に位置しているのが「脳梗塞」という病気です。
まずは、この脳梗塞というのがどのような病気であるのかについて紹介します。

脳梗塞というのは、名前の通り脳内の血管に「梗塞」が発生してしまうというものです。
血管に血栓が詰まり、その先に血流が流れなくなってしまうことによって、その先の脳組織が壊死してしまいます。
その梗塞が何処で発生するのかによって、どの程度の症状が発生するのかにも違いがあります。

実は大きな症状にこそなっていないものの、小さな脳梗塞が発生している人というのは少なからず存在しています。
脳に深刻なダメージを与えるものでなければ放置されてしまうことが多いもののこういった症状が放置されたことによって、重度の脳梗塞へと繋がる危険性があります。

脳梗塞が発生すると、死に至る可能性があることはもちろんのこと、生命が助かったとしても大きな障害が残ってしまうなど、いずれにせよ重度の症状が発生することになります。
それでは、この脳梗塞というのは何故発生してしまうものなのでしょうか。

脳梗塞の原因と対策

脳梗塞の原因は、大きく2つに分けることができます。
1つは「遺伝要素」です。
残念ながら脳梗塞は遺伝しやすく、家系に脳梗塞をしたことがある人がいるのであれば、危険性がある程度高まっている事が考えられます。
その為、もう1つの要素の方を満たしていないという人でも、脳梗塞の可能性は十分あることになります。

もう1つは「生活習慣」です。
脳梗塞の可能性を大きく高める症状として「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」などがあります。
これらの原因が生活習慣であるため、脳梗塞の原因も生活習慣に大きく依存することになります。

それでは、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣に起因する症状を防ぐためには、どのようなことを注意するべきなのでしょうか。
まず高血圧については「塩分を控える」ことが特に重要です。
塩分、つまり塩化ナトリウムに含まれている「ナトリウム」は、血中に取り込まれた時に血圧を上昇させる働きを持っています。
逆にカリウムは血圧を低下させる働きを持っており、この2つがバランスを取る形となっているため、塩分を減らすか、カリウムを摂取するようにするのがポイントとなります。

また「コレステロールを抑える」のも重要なポイントです。
血中コレステロール値が高まると、これが血中で血栓を作ってしまう可能性が高くなり、動脈硬化や高血圧の原因となります。

そして、「運動」をすることも重要なポイントの1つとなります。
適度な運動をすることによって血液の循環を改善することで、これらの症状を改善できる可能性があります。

急性アルコール中毒

会社や学校の宴会では注意が必要

毎年、新年度を迎えると新入生歓迎会や新入社員歓迎会で、お酒を飲み過ぎて倒れた人が出た、というニュースが目に入ります。
場合によっては死亡者が出ることもある原因となるのが、「急性アルコール中毒」です。
よく言われる「アルコール中毒」と「急性アルコール中毒」にはどのような違いがあるのでしょうか。

前者のアルコール中毒は、いわば慢性的な症状です。
アルコールを継続的に、過剰に摂取し続けたことによって依存性が発生してしまい、アルコールを摂取している状態でなければ体調が悪化するなどの「離脱症状(禁断症状)」が発生します。
重度になってくるとお酒を飲んでいないと手が震えたり、お酒が抜けた時に急に自殺を図ってしまったり、というような深刻な症状になることもあります。

急性アルコール中毒というのは、こういった慢性的なアルコール中毒とは性質が違っています。
こちらは、短期間に、許容量を超える大量のアルコールを摂取することで体内の血中アルコール濃度が異常に上昇し、様々な症状を引き起こすものです。
例えば、お酒を飲むことによって気分が良くなったり、歩きにくくなったりする、というのも広義の急性アルコール中毒ということになります。

ただ、多くの場合急性アルコール中毒と言われるのは、さらに重度の症状が発生した場合でしょう。
例えば激しい嘔吐をしてしまったり、立っていられなくなったり、というような症状がその1つです。
さらにそれ以上になると「意識障害」が発生し、生命維持に必要な呼吸の能力などが低下することがあります。
こうなると完全に意識がなくなってしまい、強く力を加えても分からなくなったりします。

この状態になると、生命の危険があります。
即座に病院に搬送し治療を受けなければ、取り返しの付かないことになるでしょう。

急性アルコール中毒の予防

それでは、急性アルコール中毒を予防するためには、どういったことが必要なのでしょうか。
まず重要なのは、自分のアルコール処理能力について把握しておくということです。
摂取されたアルコールは肝臓で分解処理されて無毒化されることになりますが、この処理能力は人によって違っており、大量に飲んでも問題がないような人もいれば、一滴でも深刻な症状が発生する人もいます。
まずは自分がどの程度飲めるのかを把握し、そのことを周囲にも伝えるようにしましょう。

周囲もそれを理解し、決してアルコールを強要するようなことをしないことが重要です。
今ではアルコールハラスメントという言葉も広く知られるようになり、少なくなっているかとは思いますが、場合によっては「人殺し」になる可能性があることを理解しておきましょう。