連携

地域医療連携の必要性

地域医療連携の必要性

それぞれの地域にはさまざまな医療機関が存在しています。
それらの医療機関同士が独自に医療を行うのではなくて、連携して地域医療に貢献していくことが求められています。
たとえば、その地域にある一般の病院や診療所などを患者が受信して、そこから詳しい検査や治療が必要な場合は地域にある専門診療科を紹介します。

診療して受信した医療機関での治療を終えた後は、かかりつけ医の方に逆紹介をします。
このようにして、地域内の医療機関が相互に連携しあうことが大切なのです。
これによって、さまざまなメリットが生じます。

地域医療連携のメリット

まず、それぞれの医療機関が連携することで、医療機能に応じてそれぞれの役割を分担できます。
いきなり専門診療科に行くのではなくて、まずは一般外来を受信して、そこで適切な専門医療機関を紹介してもらうのです。
これによって、それぞれの医療機関が機能して、適切な医療を施せるようになります。

また、紹介制を導入することで継続性のある医療を受けられます。
紹介制では地域内にある医療機関を紹介するため、それぞれの医療機関への連携がスムーズとなります。

基本的にはかかりつけ医を受診することになり、そこから必要に応じて別の医療機関を紹介してもらいます。
患者にとっては、地域内にどのような医療機関があるのか把握していないことが多いため、紹介制はとても役に立つでしょう。

その地域内にある医療機関を利用するだけで治療を完結できることが望ましいです。
上記の地域医療連携を成功させるためには、それぞれの医療機関同士が協力しあわないといけません。
地域医療連携を上手く機能させるために、日本の各地域でさまざまな試みがなされています。
そのおかげで、その地域にいる患者は適切な治療を受けて、健康的な生活が保証されるのです。

紹介制ではお互いが患者に関する情報を提供することにより、共同診療することが可能です。
一つの医療機関を利用するよりも、より効果的な治療を受けられるでしょう。
たとえば、かかりつけ医の病院に検査機器が無い時に、別の医療機関を紹介して検査のみを受けさせてもらうということもあります。

地域医療連携は医療機関だけではなくて、患者側の協力も必要不可欠です。
他の医療機関に紹介されることを受け入れなければいけないからです。
一つの医療機関だけで治療を受けるのではなくて、必要があれば別の医療機関を利用するという柔軟性を持つことが大切です。