武内直子(漫画家)

美少女戦士の生みの親

医療関係の資格を持っている有名人として最後に紹介するのは「武内直子」です。
この人物についても、名前だけでは誰なのか分からない人も多いでしょう。
とはいえ、「美少女戦士セーラームーン」シリーズの作者である、といえば一発で分かることでしょう。
同作品はアニメ化もされ、女児を中心に熱狂的な人気を生み出しました。

現在においてもリメイクされた作品が放映されているなど、長く注目を集め続ける作品としても知られています。
それでは、武内直子の漫画家としての人生について、簡単に見てみましょう。

元々武内直子は共立薬科大学の薬学部を卒業しており、薬剤師免許を取得しています。
現在においても薬剤師名簿に旧姓で名前が登録されたままになっているなど、薬剤師としても活動できる資格を保有していることになります。
さらに在学中には臨床検査技師の資格も取得しており、卒業後には慶應義塾大学病院の中央検査部で勤務を行っていました。

そんな武内直子が漫画家となったのは大学在学中です。
在学中に投稿した作品、LOVE CALLがなかよしマンガ大賞に入選してデビューを飾ることになりました。
その後発表された「コードネームはセーラーV」という作品で人気を獲得、後のセーラームーンシリーズへとつながっていくことになります。

そんなセーラームーンの誕生の背景にあったのは、高校時代に所属していた天文部です。
セーラームーンに登場するキャラクターは「ジュピター」や「マーズ」、「プルート」など、惑星の名前を冠しており、そこから着想を得ていると考えられています。
宇宙に関する興味は中学生の頃から強く、当時は宇宙戦艦ヤマトに熱中していたと語っています。

また、鉱石や宝石などについても興味があるとしており、人物名などを鉱石の名前から取っていることも少なくありません。
これは元々実家が宝石店であったということが関係しているとしており、鉱物マニアとして知られる程知識が豊富であることも知られています。

結婚相手も漫画家

そんな武内直子は1999年に結婚をしました。
その結婚相手というのが少年ジャンプで人気の漫画「HUNTERXHUNTER」や「幽☆遊☆白書」などの著者として知られている冨樫義博です。
漫画家のビッグネーム同士の結婚ということもあり、当時はかなり話題となりました。
出会いのきっかけとなったのはお互いの友人であった漫画家萩原一至の紹介であると言われています。

休業中には冨樫義博の漫画のアシスタントを行うなど、お互いによき理解者となっているといえるでしょう。
さらに結婚生活についてや出産や子育てのエピソードについてもエッセイ漫画として執筆しており、こちらも注目を集めることになりました。

海堂尊(作家)

知識と経験と趣味

医療関係の免許を持っている人物として次に紹介するのは「海堂尊」です。
名前だけではピンと来ない人も居らっしゃるかもしれませんが、「チームバチスタの栄光」の作者である、といえば分かるのではないでしょうか。
海堂尊は現在でも医師として仕事をしている作家であり、医師としての知識や経験を活かして執筆活動を行っている人物でもあります。
さて、それでは海堂尊の作品はどのようなものなのでしょうか。

チーム・バチスタの栄光は元々「チームバチスタの崩壊」というタイトルで発表されていました。
この作品が「このミステリーがすごい!」という賞を受賞したことにより注目をあつめるようになり、テレビドラマや映画化などがされることになったわけです。
この作品は医療とミステリーを組み合わせた内容となっており、医療の部分においては自分の知識と経験が、ミステリーの部分においては趣味が反映されている内容です。

作品において特徴となっているのが、リアルに描写されている医療現場でした。
現場を知っている人物でなければ描く事ができないようなリアルな描写が行われており、これが現役の医師などからも評価されることにつながっています。
白い巨塔においても描かれ日本全国で人気となっていた「大学病院における医局政治と人間関係」というものを描いており、これとミステリーを繋げた内容となっていました。
大筋としてはバチスタ手術という心臓手術を行っている途中に謎の死を遂げた、というようなことをベースにミステリーが進行していくという内容となっています。

医師としての人物像

海堂尊は現在においても医師としても精力的な活動を行っています。
というより、あくまでもメインはそちらであり、小説の執筆の方は副業というような状況です。
速筆であることから仕事をしながらでも様々な作品を書くことができるということで成り立っていると言えるでしょう。

そんな海堂尊が所属しているのが「放射線医学総合研究所重粒子医科学センターのAi情報研究推進室」という所です。
海堂尊は現在ここの室長を努めており、「Ai情報」の利用推進を進める立場となっています。

Aiというのは「死亡時画像診断」のことを指しており、これを導入することによってさらなる医学の発展を進めるというものです。
これについては医学界でも推進の立場と反対の立場のものがおり、議論がわかれる部分となっています。
海堂尊はこのAiについて、反対の立場からデータを捏造して発展を阻害している、という理由で東大教授を批判するなど、目立った活動もしています。
しかしこの件においては名誉毀損として告訴され、最高裁まで争ったものの敗訴し、60万円の慰謝料支払いを命じられるという顛末となりました。

西川史子(タレント)

高飛車キャラ

ここで紹介する人物を「医療資格を持つ有名人」と言うのが正しいのかどうか、多少疑問があります。
というのも、元々この人物は「医師」であるということで有名になったためです。
現在では多くのバラエティに出演したり、コメンテーターとしても活動したりと人気を博しているタレントとして知られるようになりました、「西川史子」です。
それでは、どんな人物であるのかについて簡単に見てみましょう。

前述の通り、西川史子は元々医師であり、医師であるという立場でテレビに出るようになった人物でした。
専門の診療科は整形外科であり、これは父親が整形外科医であったことが影響しています。
幼少期から厳しい教育を受け、父親の強い薦めによって医師になったと語っています。
医師になるために入学したのは聖マリアンナ医科大学で、在学当時ミス日本に出場してフットジェニック賞を受賞するなど、実は医師になる前からも注目を集める人物でした。

そんな西川史子が全国的に知られるようになったきっかけとなる番組が「恋のから騒ぎ」です。
明石家さんまが司会者を努め、若い女性たちの恋愛観や人生観を面白おかしくいじるという番組でした。
西川史子はこの番組の第三期生として参加し、「高飛車なキャラクター」として知られるようになりました。
当時は「年収4000万円以下の男に興味はない」というような発言をするなど、高飛車で傲慢なキャラクターとして活躍することになります。

現在では西川整形外科医院において美容皮膚科に所属、医師としての活動も続けています。
テレビ番組においても医学的な意見を聞かれることもあるなど「知識人とタレントのハイブリッド」のような活躍を見せているのが特徴でしょう。

結婚と現在

そんな西川史子の現在を語る上で欠かせないのが、結婚に関する話題です。
西川史子は2009年に葛飾区議会議員の人物と結婚しました。
しかしその後、2013年頃に別居しているということを番組中に告白、さらに2014年に離婚が成立したとしてニュースにもなりました。

それ以降、西川史子のテレビで求められるキャラクターが変化してきています。
これまでは「高飛車なキャラクター」「医師としてのキャラクター」が主に求められているものだったのが「情緒不安定なキャラクター」「実は弱い所があるキャラクター」としても需要が生まれ、新しい魅力を見せるようになっています。

私生活においては厳しいこともあるものの、それを糧にしてタレントとしての活動を上手に運んでいることなどから、テレビでの仕事に対してかなり求心力があると言って良いでしょう。
今後も医師とタレントを両方続ける人物として注目を集め続けるのではないかと考えられる人物です。

ミステリー

横溝正史(小説家)

ミステリーの大家

次に紹介するのも「医療資格を持っていた」有名人となります。
今でもミステリー作家として高い人気を誇り、作者の名前を取ったミステリー大賞が作られるなど、実力の高さも知られる人物である「横溝正史」です。
本名は同じ字を書いて「よこみぞまさし」と読むのですが、作家仲間に「ヨコセイ」と呼ばれていたことからペンネームでは「よこみぞせいし」という読みとなりました。

横溝作品で最も有名なのは、やはり「金田一耕助」シリーズでしょう。
この作品が横溝正史がミステリーの大家であるとして知られるようになった理由だと言えます。
それでは、金田一耕助シリーズにどのような作品があったのかについて簡単に見てみましょう。

まずはそもそも金田一耕助という人物がどのようなキャラクターであったのかについてです。
金田一耕助はボサボサの髪に平凡な顔立ち、体つきも貧相で身長も高くはない、という「普通」の人物でした。
本人自身も自分の体格については劣等感を抱いているという設定で、アクションシーンなどはあまりないキャラクターです。
昨今のように探偵1人で何でも出来てしまうタイプではなかったわけです。

服装もシワだらけの羽織と袴も着ているなど、綺麗とはいえない人物とされていました。
しかし、どうにもそういった所が母性本能をくすぐるらしく、女性には人気が高い、というような人物として描かれています。
その反面で初対面の男性キャラクターにはほぼ間違いなく侮られるという主人公としてはかなり珍しい特徴を持っています。

ちなみに金田一耕助は推理の際、考え事をする時に頭をかきむしってフケを飛ばすというなんとも迷惑な癖を持っています。
この癖は作者である横溝正史自身の癖を誇張したものであるとしており、自分の投影となっている部分もあったようです。

横溝正史の人物像

それでは、次に横溝正史自身の人物像についても見てみましょう。
横溝正史について特徴的なエピソードとして、閉所恐怖症であったということが知られています。
それ故電車も苦手であり、電車に乗る時にはお酒の入った水筒を必ず持ち込んで少しずつ飲みながら乗り切ったと言われています。
妻と一緒に乗る際には妻にずっと手を握ってもらっていなければ乗ることが出来ないというほどでした。

そんな恐怖症対策として飲んでいるお酒自体は元々好きな質であり、晩年においても多くお酒を飲むことから周囲の人を困惑させることもありました。
さらに、繊細な人物であるとしても知られており、シリーズが人気を博した際、どんなものであっても掲載されるということがあり「本当にこんなものを乱造していていいのか」と悩んだ事もあったといいます。
その後、作品の良し悪しは作家ではなく読者が決めるものだ、と割りきったと語っています。